ストレスだけが原因なら同時に治せます


いびきと歯ぎしりの治し方の違いを説明します。

 

いびきと歯ぎしりは密接に関係しているので
いびきに悩む人は高確率で歯ぎしり(噛み締め)を併発しています。

 

もちろん、歯ぎしりのタイプにも違いがあるので
音が出る人と出ない人

 

気づかない人もいらっしゃいます。

 

 

隠れた歯ぎしりとして舌の両端が凸凹している噛み締めもあります。

 

歯ぎしりの原因

歯ぎしりは慢性のストレスによるものです。
イライラしやすい人、負けず嫌いの人、神経質の人。
考え込みやすい人、ストレス発散が出来ない人、多忙の人など
ストレスはあげればきりがありませんね。

いびきの原因

いびきの原因は男性と女性とで多少変わる人もいます。

男性のいびき

男性で多く見られるのは30代を過ぎた頃から太って、
首の内部にも脂肪がつき、気道を狭くしてしまいます。

 

女性のいびき

女性は扁桃や口蓋垂(上舌の奥の方にある)が大きくなって
気道に悪影響を与えている場合があります。

 

男女どちらにも関係する原因として
仰向け寝で舌が喉に落ち込み気道を狭くしている
ということがあります。

 

 

さていびきと、歯ぎしりは同時に治せるかと言うと、
基本はストレスレベルを下げることです。

 

いびきと歯ぎしりに悩む人は高確率でストレスの悪循環になっています。

 

いびき

 


よく寝れずに疲労が取れない、イライラする、会社でも私生活でもミスが増える

 


ストレスで歯ぎしりが始まる

 


家族や恋人などの周りの人間からの指摘、クレーム

 


ストレスが増す

 


緊張して睡眠の質がますます悪化

 


いびきの悪化

 

 

ストレスを溜めないと言っても生活環境が変わらなければ
すぐにストレス解消などは難しい
です。

 

 

まずは生活習慣を少しづつ変えてゆき
並行していびき、歯ぎしり防止法、グッズで対応する必要があります。
>>いびきと歯ぎしりのダブル対策サプリメント

いびき防止方法

基本は生活習慣を改善することです。

  1. 口呼吸を治す(鼻呼吸にする)
  2. 肥満を改善
  3. 枕の高さを調節
  4. 横向きに寝る
  5. 寝酒をやめる
  6. 睡眠薬(抗不安薬)の服用をやめる
  7. 喫煙をやめる

 

歯ぎしりの原因として解明されているのはストレスだけです。

 

いびきと歯ぎしりを同時に治すためにはストレスを解消するのが条件です。

 

しかし歯ぎしりのストレスには
歯並びが悪い、かみ合わせが悪い、日中に歯を食いしばってしまう癖でのストレスでも寝ている間に無意識に歯ぎしりをします。

 

 

専門的な治療法としては歯科医に相談してマウスピースを作ってもらうことです。
噛み合わせの治療法など専門医での治療をおすすめします。

 

以上いびきと歯ぎしりはストレスだけが原因なら同時にご自分でも治せますが、
そうでない場合は耳鼻科や歯科医に相談しましょう。

 

無呼吸症候群を併発している場合は睡眠外来を受診しましょう。

 
>>いびき治し方ドットコム【2017年】睡眠いびきサプリランキング!

いびき対策グッズと  一緒に売れている 【いびき専用サプリメント】

  • できるだけ、いびきの薬は飲みたくない。。。
  • いびき対策グッズの効果をUPしたい。。。
  • 旅行の時だけでもいびきを抑えたい!
そんな方が選んでいらっしゃいます。
舌の落ち込みを保護する食品になります。
いろいろないびきの治し方グッズと合わせて食べることで
変化を実感している方が多いのがいびき専用サプリ(食品)です。

健康食品になりますので副作用はありません。

舌の筋力サポート〜リンゴ酸、コエンザイムQ10を主成分としたいびき防止&安眠サプリメントになります。


いびきは周りの人との関係も悪化させてしまいますし、
親としての威厳も弱くなってしまいますので個人的にも利用しております。

こちらに特設キャンペーンページを用意して頂きました
>>http://kenkouichiba.com/キャンペーン