タイプ別無呼吸

睡眠時無呼吸症候群には原則的に3つのタイプが存在します。
健康的な人であっても無呼吸状態になることがありますが、この場合多くても数回、時間も数秒で、とても短いのです。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の判断基準としては、
睡眠中に、10秒を超える呼吸状態が1番に30回以上繰り返される状態、
もしくは1時間以内に五回以上の呼吸が起きてしまっている状態
です。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療を行う際、まずはどのような状態の呼吸になっているかをつきとめなくてはなりません。
原因を突き止めるにしても、個人差がとても大きいため、詳細なデータが必要になってきます。

 

 

睡眠時無呼吸症候群は

閉塞型無呼吸

上気道が狭まってしまうために胸郭や横隔膜はしっかりと呼吸を継続しているにもかかわらず、呼吸が停止してしまうものです。
無呼吸症の中では最も多いタイプと言われています。太ってしまったことによる無呼吸症はこれに当たることが多いとされています。
>>閉塞型を詳しく

中枢型無呼吸

呼吸中枢に問題があることによって胸郭や横隔膜の呼吸と運動が止まってしまうものです。

混合型無呼吸

中枢型から始まり閉塞型に変化します。

 

このような状態が一晩のうちに色々なバランスで無呼吸を引き起こします。

>>いびき治し方ドットコム【2017年】睡眠いびきサプリランキング!

いびき対策グッズと  一緒に売れている 【いびき専用サプリメント】

  • できるだけ、いびきの薬は飲みたくない。。。
  • いびき対策グッズの効果をUPしたい。。。
  • 旅行の時だけでもいびきを抑えたい!
そんな方が選んでいらっしゃいます。
舌の落ち込みを保護する食品になります。
いろいろないびきの治し方グッズと合わせて食べることで
変化を実感している方が多いのがいびき専用サプリ(食品)です。

健康食品になりますので副作用はありません。

舌の筋力サポート〜リンゴ酸、コエンザイムQ10を主成分としたいびき防止&安眠サプリメントになります。


いびきは周りの人との関係も悪化させてしまいますし、
親としての威厳も弱くなってしまいますので個人的にも利用しております。

こちらに特設キャンペーンページを用意して頂きました
>>http://kenkouichiba.com/キャンペーン