大いびきは命にもかかわる?

大いびきを習慣的にかいている人の場合、体が継続的な酸素不足に陥っている可能性が考えられます。

 

 

いびきの基本的な概念としては、気道が確保されていないにもかかわらず、
無理にしっかりと呼吸をしようとするために起きてしまう音ということになります。

 

 

つまり、酸素不足になってしまう可能性が高く、必要な酸素を体の中に吸収することが難しくなったり、
不要な炭酸ガスを排出すると言う機能が低下している可能性があります。

 

 

大いびきをかく人と、いびきを全く書かない人を比較すると、
血液中の酸素の量は4割近く少なくなると言うデータがあります。

 

 

 

睡眠中のこうした酸素不足は翌日様々な影響を体に与えます。

 

この状態が日常的に続いてしまっていることが、いかに危険な状態であるか、想像がつくかと思います。

 

 

 

近年オペラになってきている、大いびきとの関係の深い病気を睡眠時無呼吸症候群といいます。
これは、睡眠時呼吸障害の1つになりますが、命の危険にもかかわる深い問題につながっています。

 

 

 

こういった病気にかかってしまっている人の場合、睡眠をしっかりとったつもりでいても、
眠りそのものが深くならないため、翌朝疲れが取れていなかったり、仕事中などにも急激な眠気に襲われたりします。

 

 

 

車の運転中にこうした急激な眠りに襲われてしまうと、
居眠り事故などの形にもなります。また仕事中に集中力がなくなってしまったり、
大切なプレゼンテーションの時間などに居眠りをしてしまったりなど、社会的な問題につながることもあります。

 

 

 

そしてこうして呼吸の状態が長く続くと、酸素不足は体のあらゆる循環器、
呼吸器系に問題を値ます。

 

 

高血圧、不整脈、挙句は心筋梗塞等で命の危険にさらされることもあります。

 

 

 

その他糖尿病に係るリスクも上昇します。体の中の酸素不足と、
二酸化炭素の割合が崩れてしまうと、血液中の酸性バランスが崩れてしまいます。

 

 

 

そうすると、血液の中のブドウ糖の量をコントロールするインスリンの分泌などが抑えられてしまいます。

 

 

このように大いびきは、直接的には体での影響は少なかったとしても、
酸素不足が続くことによって、様々な深刻な病気をもたらすことが心配されています。

>>いびき治し方ドットコム【2017年】睡眠いびきサプリランキング!

いびき対策グッズと  一緒に売れている 【いびき専用サプリメント】

  • できるだけ、いびきの薬は飲みたくない。。。
  • いびき対策グッズの効果をUPしたい。。。
  • 旅行の時だけでもいびきを抑えたい!
そんな方が選んでいらっしゃいます。
舌の落ち込みを保護する食品になります。
いろいろないびきの治し方グッズと合わせて食べることで
変化を実感している方が多いのがいびき専用サプリ(食品)です。

健康食品になりますので副作用はありません。

舌の筋力サポート〜リンゴ酸、コエンザイムQ10を主成分としたいびき防止&安眠サプリメントになります。


いびきは周りの人との関係も悪化させてしまいますし、
親としての威厳も弱くなってしまいますので個人的にも利用しております。

こちらに特設キャンペーンページを用意して頂きました
>>http://kenkouichiba.com/キャンペーン