【W12584さんのいびきの治し方体験談】

 

私の父は大変ないびき持ちでした。
そこで家族で試したいびきを軽減する対処法をいくつかあげてみます。

1.「枕の高さを低くする」

枕が高いと必然的に喉や気道を圧迫する姿勢になってしまいます。
なるべく顎が首方向に落ちないよう、フラットな高さの枕を使用する事が大切です。

 

おすすめはバスタオルを2枚重ねて伊達巻きのように丸く折り、それを枕カバーに詰めて枕として使用する方法です。
好みに応じて重ねるタオルの枚数を増やしたり、巻きをゆるめたり、調整が出来ます。

 

また、枕カバーに押し込む事によって、お気に入りの高さがキープしやすくなります。
自然な状態で気道が確保されることによって、いびきはかなり軽減されました。

2.「仰向け寝をしないように心掛ける」

いびきのひどい人の特徴として、仰向け寝の姿勢があげられます。
父もその典型でした。しかも、寝ている間はほぼ大の字のまま、ほとんど寝返りを打つ事が無かったのです。
そこで、睡眠導入に入る際、なるべく横向きの姿勢で過ごすよう心掛けてもらいました。

 

すると不思議な事に、今まで寝ると同時に大きないびきをかいていた父は、数時間のあいだ小さな寝息をたてて眠っていました。
そして自然と数回の寝返りをうつようになりました。
仰向けの体勢で熟睡してしまうと、そのぶん寝返りがうち辛くなるのだという事が分かりました。

3.「慢性的な鼻炎をしっかりと治療する」

父は慢性的なアレルギー性鼻炎で、朝はくしゃみと鼻づまり、痰の症状に悩まされていました。
いびきの原因として鼻炎が大きな要因となっている事を知り、父に耳鼻咽喉科で受診してもらいました。

 

それまでは市販の薬(鼻炎用スプレーやのどぬーるといった簡易的なもの)で症状を和らげていましたが、耳鼻科でパッチテスト(アレルギーの原因を細かく調べる)、治療、吸入を行い、抗生物質を処方してもらう事で、段違いに症状が快方に向かいました。

4.「就寝前のお酒とたばこの禁止」

父は煙草を好み、就寝前に一服、起床時にも目覚めの一服、といった具合でした。
そんな煙草が大好きな父に対して急に全面的な禁煙を強いるのは気の毒だった為、就寝直前の喫煙のみ、我慢してもらうことにしました。

 

また、お酒を飲んでからは最低でも2時間は寝ないよう、心掛けてもらいました。
というのも、酔ってすぐ熟睡した時の父のいびきは大変なものだったからです。

 

両方の対策を試した結果、どちらも大変効果的でした。

 

いびきで悩んでいる方、悩まされている方には、ぜひとも「枕の高さ」「寝る体勢」「鼻炎の根本治療」「就寝前のアルコールと煙草の禁止」に気をつけて頂きたいです。どれか一つだけ試すだけでも、ぐっと軽減出来ると思います。

>>いびき治し方ドットコム【2017年】睡眠いびきサプリランキング!

いびき対策グッズと  一緒に売れている 【いびき専用サプリメント】

  • できるだけ、いびきの薬は飲みたくない。。。
  • いびき対策グッズの効果をUPしたい。。。
  • 旅行の時だけでもいびきを抑えたい!
そんな方が選んでいらっしゃいます。
舌の落ち込みを保護する食品になります。
いろいろないびきの治し方グッズと合わせて食べることで
変化を実感している方が多いのがいびき専用サプリ(食品)です。

健康食品になりますので副作用はありません。

舌の筋力サポート〜リンゴ酸、コエンザイムQ10を主成分としたいびき防止&安眠サプリメントになります。


いびきは周りの人との関係も悪化させてしまいますし、
親としての威厳も弱くなってしまいますので個人的にも利用しております。

こちらに特設キャンペーンページを用意して頂きました
>>http://kenkouichiba.com/キャンペーン