いびきと乳幼児の突然死の関係性

基本的に健康な子供ではいびきをかく事はありません。それゆえに子供がいびきをかいているときにはかなりの注意が必要になります。何らかの健康的な問題が発生していることがほとんどだからです。大人がいびきをかくのは自然なことかもしれませんが、子供が習慣的にいびきをかいていると言う事はとても重大なことと認識しましょう。子供であっても無呼吸状態になることもあります。子供と大人の違いは成長段階にあるかないかです。子供の場合は眠っている間に成長を行います。その最中に体が酸素不足するということになります。これは成長に関して発達障害を招く恐れがあります。子供のいびきは、大人と違って自覚症状がほとんどありません。大人が気づいてあげないと危険な状態になってしまうことも考えられます。赤ちゃんなどであれば、さらに危険が増します。一見いびきと考えると笑って済ませるようなことで終わってしまうのかもしれませんが、子供のいびきに関しては危険が近づいているサインなのです。

 

 

乳幼児の突然死に関していびきが深く関与しているのではないかといった問題があります。一般的に乳幼児の突然死は乳幼児突然死症候群と言われます。これは健康な状態だと思われていた乳幼児が、睡眠中に突然死亡してしまうと言う病気になります。近年では乳幼児の死亡原因としても大きな割合を占めてきています。この乳幼児突然死症候群に、睡眠時無呼吸症候群やいびきが関係しているのではないかといったデータがあります。こういったことからも、乳幼児に関しては睡眠中の呼吸状態をしっかりと把握しておくことが重要になります。

まず1番わかりやすいのはいびきです。子供がいびきをかくと言う事は体のどこかに問題が起きていることを示します。しかしながら厳密に考えると子供がいびきをかいているときに、そのいびきが問題のいびきなのか通常の何かしらの原因で起きているいびきなのかを見分けることは難しいとされています。子供がいびきをかいている場合であっても、それほど大きな音を立てないいびき、体を思いっきり動かして後に疲れて寝ているときに発生するいびきなどもあります。まずはお子さんの日常的な状態をしっかりと把握することが重要です。日中、お子さんが眠そうにしていたり、自分ではコントロールできないほど眠気に見舞われている状態を見かける事はな...
近年乳幼児突然死症候群の発生率が増えつつあります。そう言っても欧米と比較すれば発生率が低いされています。しかしながら厚生省からも注意喚起が促されている状態でもあります。厚生省の発表では、両親の喫煙、人工母乳、うつぶせ寝、の3点が乳幼児の突然死の発生率を何倍にもしてあげると言ったことが言われています。赤ちゃんの呼吸停止を防ぐ方法としては、まず仰向けで寝るように育てなくてはなりません。うつぶせ寝が基本になる赤ちゃんを育ててしまうとリスクが何倍にも上ります。乳幼児突然死症候群で発見された赤ちゃんのほとんどが、うつぶせ寝で寝ていたと言う事実があります。しかしながら、絶対にうつぶせ寝にしてはいけないと言...
子供のいびきは注意が必要なのは有名なことですが、喘鳴をする時にも注意が必要です。子供による喘鳴は、いびきと同じ位突然死の危険性があるとされています。いびきに関係する突然死の場合、アデノイドや扁桃肥大によって睡眠時無呼吸症候群を起こしてしまい、それに併発して急性扁桃炎や咽頭炎を患った場合に口蓋扁桃や舌根扁桃が急激に腫れれてしまい起動閉塞によって突然死を招くと言うものです。これに対して喘鳴名と言う事は、呼吸をするたびに異常な音がすることです。喘鳴の原因は下咽頭等に起きる問題によって生じるとされています。そして咽頭の問題による気道の閉塞によって突然死に至ることがあるされています。具体的には急性の炎症...
子供に無呼吸症候群を招く原因としては扁桃やアデノイドの肥大です。これに加えて顎が小さい小顎症、巨舌症、肥満症などが考えられます。基本的な兆候としては、いびきをかいているということが起きです。さらに口呼吸を基本にしており、無呼吸状態が何度も起きることです。学校での居眠りや、おねしょなども入ります。無呼吸症候群の人は、夜トイレに行く回数が多くなります。これは無呼吸を繰り返すことにより、血液の中の酸素不足で、二酸化炭素が増加するために尿の排出を抑えようとするホルモンの分泌が悪くなってしまうためです。これは子供であっても大人であっても同じです。子供が睡眠時無呼吸症候群になる場合。発症しやすい期間として...
子供のいびきは、いろいろな意味で危険性があると言う事を書いてきましたが、中でも1番問題があるのが睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠している間に10秒以上の無呼吸状態が1番に30回以上ある場合を言います。子供がいびきをかく事はほとんどないと言われていますが、そもそも子供の上気道は細くなっているため、口蓋扁桃肥大やアデノイド肥大が発生すると閉塞型の無呼吸発作になりやすいとされています。子供のいびき、それに続く無呼吸状態が長く継続されると、成長期に大きな影響が現れるとされています。睡眠中に呼吸状態が何度も発生すると言う事は、慢性的な低酸素症になりやすく、内臓や脳の発達にも大きく影響...
いびきが直接遺伝するという報告はありませんが、いびきをかきやすい体質が遺伝するという事はあり得ます。つまり、肥満体質です。いびきで多いのは、仰向けに寝たときに喉の脂肪が落ちて気道をふさいでしまう事による音です。肥満している人ほど喉の脂肪の量が多くなるので、いびきをかきやすくなります。親が肥満体質でさらに生活習慣も肥満体型になりやすいと、子供が肥満しやすくなります。すると、見かけ上いびきが遺伝したように見えます。遺伝によるいびきの治療法は、一般的な治療法と同じように対処します。一般的な症状も大抵は肥満が原因になっている事が多いからです。治療例として、マウスピースや鼻マスクを使った方法があります。...