いびきの手術後に何が起きる

いびきにおける手術後には、疼痛、出血、開鼻声、咽頭刺激、味覚異常などが起きるとされています。いずれも1時的なものになります。手術後の痛みとしては、それほど強い痛みは残らないとしています。もちろん手術を行った直後には麻酔が取れると痛みを感じることになりますが、長い間痛みが持続することはほとんどないとされています。UPPP手術も、全身麻酔で行うことになるので、強い痛みが長時間持続すると言う事はありません。しかしながら弱い痛みは1週間以上続くことがあります。1時的なものになります。
また、手術を行うと発熱が起きます。基本的には翌日位までの軽い発熱になることが多いとされていますが、長く発熱が続く場合には、感染症が疑われます。手術が終わった後には、感染予防のために抗菌薬を投与しますが、感染が起きてしまうことも考えられます。あまりにも痛みが強い場合には、鎮痛解熱薬の投与も行われます。口の中を清潔に保つために、手術の後にはしばらくの間、含嗽水によるうがいを必要とします。いびき手術を行った当日は安静にしていることが大切になりますが、翌日からは動くことが可能です。ですが体に負担のかかる激しい運動などは控えるべきでしょう。1週間後に抜糸を行うため、基本的には1週間程度の入院が必要ということになります。食事は徐々に柔らかいものから通常の食事に戻しておきます。

 

一過性の障害で、施術後、鼻腔へ液体が逆流してしまうことがあるとされています。しかしながら一過性の症状になりますので、問題はないとされています。また構音障害があるとされていますが、それほど多い事例ではありません。飲み込むときに違和感を感じる障害は、手術による一時的なものです。いびきの手術後1週間程度で改善するとされています。その他1時的な手術後の合併症には、味覚異常、鼻咽腔閉鎖不全、咽喉頭異常などがあるとされています。いびきの手術後は1週間程度で通常の生活に戻れるとされていますか個人差があるためやはりかかりつけの医師の指示のもとゆっくりと戻していくのが良いでしょう。

 

 

>>いびきを自分で治す方法

>>いびき治し方ドットコム【2017年】睡眠いびきサプリランキング!

いびき対策グッズと  一緒に売れている 【いびき専用サプリメント】

  • できるだけ、いびきの薬は飲みたくない。。。
  • いびき対策グッズの効果をUPしたい。。。
  • 旅行の時だけでもいびきを抑えたい!
そんな方が選んでいらっしゃいます。
舌の落ち込みを保護する食品になります。
いろいろないびきの治し方グッズと合わせて食べることで
変化を実感している方が多いのがいびき専用サプリ(食品)です。

健康食品になりますので副作用はありません。

舌の筋力サポート〜リンゴ酸、コエンザイムQ10を主成分としたいびき防止&安眠サプリメントになります。


いびきは周りの人との関係も悪化させてしまいますし、
親としての威厳も弱くなってしまいますので個人的にも利用しております。

こちらに特設キャンペーンページを用意して頂きました
>>http://kenkouichiba.com/キャンペーン

関連ページ

治療が必要ないびきと睡眠時無呼吸症候群
治療が必要ないびきについて
睡眠時無呼吸症候群のいびきの特徴
睡眠時無呼吸症候群のいびき特徴を説明
睡眠時無呼吸症候群の診断〜自己チェック方法
睡眠時無呼吸症候群の診断について
無呼吸症候群いびきの内的な治療方法〜CPAPのメリットデメリット
無呼吸症候群いびきの内的な治療方法について
無呼吸症候群の手術内容・方法
無呼吸症候群の具体的な手術内容・方法について
いびきを咽頭形成術で治す方法
いびきを治す手術、咽頭形成術、UPPP術について説明しています。
CPAPの購入・料金・副作用〜体験談
CPAPの購入や料金、副作用についてお話しています。
スリープスプリントでいびきを治療する方法
スリープスプリントを使ったいびき治療方法について
無呼吸症候群対策〜体験談・マウスピースの使い方と効果
無呼吸症候群対策でのマウスピース利用について説明しています。
高齢者の睡眠時無呼吸症候群の重症判断基準
高齢者の睡眠時無呼吸症候群の重症判断基準について
酸素療法でいびきを減らす
酸素療法でいびきを減らすことについて