酸素療法とCPAPでは?

睡眠時無呼吸症候群やいびきなどで危険とされているのは、低酸素血症です。これは血液中の酸素が不足してしまうことによって様々な問題が身体に現れることをいいます。その時に大切になるのが不足している酸素もきっちりと補うと言うことです。睡眠中に酸素吸入を行うことによって治療を行って行きます。これが酸素療法です。酸素療法を具体的に行うには、鼻にマスクを装着します。少しずつ酸素の量を増やしてゆきます。最初のうちは無酸素状態や、いびきが起きることもありますが、日数が経過すると、無呼吸やいびきも減ってゆくとされています。治療を始める際、一般的に1週間から1カ月をめどに睡眠ポリグラフ検査を行います。治療が効果的に作用しているのかを判断し継続するかを考えるのです。酸素療法を開始してからそれほど時間が経っていない患者さんでも、夜中に目が覚めてしまういびきや無酸素状態が減ってきたと言う方もおーい方法になります。これは必然的に眠りが深くクオリティーが上がっていくということにつながります。ですが、劇的な改善を望むのであれば、やはりCPAPの方が良いと言われています。価格的な問題があるかと思いますが、無呼吸やいびきの状態を把握したうえで深刻性がある場合にはCPAP、まだそれほどでもない場合には酸素療法などの簡易的な方法を試してみるのが良いでしょう。

 

 

>>いびきの治し方最新版

 

 

>>いびきを自分で治す方法

>>いびき治し方ドットコム【2017年】睡眠いびきサプリランキング!

いびき対策グッズと  一緒に売れている 【いびき専用サプリメント】

  • できるだけ、いびきの薬は飲みたくない。。。
  • いびき対策グッズの効果をUPしたい。。。
  • 旅行の時だけでもいびきを抑えたい!
そんな方が選んでいらっしゃいます。
舌の落ち込みを保護する食品になります。
いろいろないびきの治し方グッズと合わせて食べることで
変化を実感している方が多いのがいびき専用サプリ(食品)です。

健康食品になりますので副作用はありません。

舌の筋力サポート〜リンゴ酸、コエンザイムQ10を主成分としたいびき防止&安眠サプリメントになります。


いびきは周りの人との関係も悪化させてしまいますし、
親としての威厳も弱くなってしまいますので個人的にも利用しております。

こちらに特設キャンペーンページを用意して頂きました
>>http://kenkouichiba.com/キャンペーン

関連ページ

治療が必要ないびきと睡眠時無呼吸症候群
治療が必要ないびきについて
睡眠時無呼吸症候群のいびきの特徴
睡眠時無呼吸症候群のいびき特徴を説明
睡眠時無呼吸症候群の診断〜自己チェック方法
睡眠時無呼吸症候群の診断について
無呼吸症候群いびきの内的な治療方法〜CPAPのメリットデメリット
無呼吸症候群いびきの内的な治療方法について
無呼吸症候群の手術内容・方法
無呼吸症候群の具体的な手術内容・方法について
いびきを咽頭形成術で治す方法
いびきを治す手術、咽頭形成術、UPPP術について説明しています。
いびきの手術後の合併症、障害、後遺症など
いびきの手術後の合併症や障害について
CPAPの購入・料金・副作用〜体験談
CPAPの購入や料金、副作用についてお話しています。
スリープスプリントでいびきを治療する方法
スリープスプリントを使ったいびき治療方法について
無呼吸症候群対策〜体験談・マウスピースの使い方と効果
無呼吸症候群対策でのマウスピース利用について説明しています。
高齢者の睡眠時無呼吸症候群の重症判断基準
高齢者の睡眠時無呼吸症候群の重症判断基準について