いびき外来での治し方と無呼吸症候群の治し方

いびき外来での治し方に関連する記事をまとめています。

 

また
無呼吸症候群の方の多くがいびきをかくとされています。

 

同室で眠っている方への心理的不安も増加していきます。

 

いつ呼吸が止まってしまうか不安
いびきがうるさい

 

2つの不安が同室の方のストレスを悪化させていきます。

 

人間関係の為にも適切な治療を行う必要があります。

 

↓動画で無呼吸症候群を理解する

 

 

>>無呼吸症候群の診断方法

いびきにおける手術後には、疼痛、出血、開鼻声、咽頭刺激、味覚異常などが起きるとされています。いずれも1時的なものになります。手術後の痛みとしては、それほど強い痛みは残らないとしています。もちろん手術を行った直後には麻酔が取れると痛みを感じることになりますが、長い間痛みが持続することはほとんどないとされています。UPPP手術も、全身麻酔で行うことになるので、強い痛みが長時間持続すると言う事はありません。しかしながら弱い痛みは1週間以上続くことがあります。1時的なものになります。また、手術を行うと発熱が起きます。基本的には翌日位までの軽い発熱になることが多いとされていますが、長く発熱が続く場合には...
いびきを伴う睡眠時無呼吸症候群の治療のために施術を行うことがありますが、全身麻酔を使い大きめの規模で行う手術を咽頭形成術といいます。規模感を小さくして手術を行うことも可能であるとされていますが、基本的には安全策をとり入院治療するということになります。いびきだけを治療しようと考えている人の場合でも、全身麻酔を行い入院を必要とします。一般的には、麻酔をかけてから、のどちんこの外側に沿って前口蓋弓を上のほうに切断してゆきます。いびきの治療でのどちんこを切除してしまうという方法もありますが、これはあくまで状況によっての判断になります。必ずしも切除してしまうことが改善につながるわけではないからです。しか...
睡眠時無呼吸症候群やいびきなどで危険とされているのは、低酸素血症です。これは血液中の酸素が不足してしまうことによって様々な問題が身体に現れることをいいます。その時に大切になるのが不足している酸素もきっちりと補うと言うことです。睡眠中に酸素吸入を行うことによって治療を行って行きます。これが酸素療法です。酸素療法を具体的に行うには、鼻にマスクを装着します。少しずつ酸素の量を増やしてゆきます。最初のうちは無酸素状態や、いびきが起きることもありますが、日数が経過すると、無呼吸やいびきも減ってゆくとされています。治療を始める際、一般的に1週間から1カ月をめどに睡眠ポリグラフ検査を行います。治療が効果的に...
いびきを始めとする睡眠時無呼吸症候群に対して高い有効性を持っている治療器具の1つとしてスリープスプリントがあります。これは、眠っている間マウスピースに似たものを口の中に装着する方法です。それによって下の顎を前に引き出し、舌根沈下を防止するのです。これは起動を確保するといった効果をもたらします。仰向けになって口を開けたまま眠ってしまう癖のある人はいびきをかきやすいし、無呼吸症候群にもなりやすいようです。直接的な原因としては、舌根沈下に加えて口の中が乾燥してしまうことにより、上気道がふさがってしまうことにつながることが関係しています。これらがスリープスプリントを装着することによって顎がしっかりと固...
体の内部に疾患がありそれが原因で睡眠時無呼吸症候群といびきを伴っている場合、その内的な治療を行うと無呼吸が改善されることが多いとされています。しかしながらその根本的な原因を発見するに至らない人がとても多いとされています。内的に治療の方法としては、持続陽圧呼吸装置(CPAP)があります。さらに夜間の酸素吸入等の措置も行います。外的な治療方法としては気管気管切開術、咽頭拡大術などといった方法があります。その中でも最も効果的であるとされているのか持続陽圧呼吸装置です。具体的な方法としては鼻にゴムマスクを装着します、ここにコンプレッサーから空気を持続的に気道へ送り込むことで上気道の閉塞を防ぐという方法...
若者と、高齢者の睡眠に無呼吸症候群の判断基準は違ってきます。若い人の場合、一般的には1晩での睡眠における、10秒以上の呼吸状態が30回以上ある場合とされています。歳をとることにより発生する睡眠時無呼吸症候群も多いため、特別睡眠障害や循環器系の問題が起きていない人であっても、年齢とともに発症する可能性があるのです。このような状態を考えに入れた上で、1986年には厳密に高齢者に対する判断の除外が提起されました。軽い場合は、最低な酸素飽和度は85%以上、1時間あたりの無呼吸数が30回以下のものをいいます。重度のものは、酸素飽和度は51%以下、1時間当たりの無呼吸の割合が60回以上と、これに加えて不整...
いびきが特徴になっている睡眠時無呼吸症候群でも、治療を必要とする診断基準は難しいとされています。睡眠中に無呼吸になってしまう状態は健康な人でも起こりえるからです。そのような呼吸の衣の異常と、治療をしなくてはならないレベルの睡眠時無呼吸症候群の診断を下に明確に分ける事は難しいとされています。昼間眠たくなってしまう事は無呼吸の状態や、呼吸の低下、低酸素状態が続かなかったとしても起きてしまうとされています、つまり、いびきだけでも日中極度の眠さを感じることがあるのです。いびきと睡眠時無呼吸症候群はいずれも上起動の狭窄が原因で起きてしまう睡眠時の障害です。しかしながらいずれも治療を行うかどうかを判断する...
睡眠時無呼吸症候群の診断は普段の生活を基準に考えます。いびきをかいている人や、睡眠中に呼吸状態が発生してしまっている場合には、危険性があるとされていますが、いびきをかいているからといって、それそのものが治療に値するかどうかは、しっかりと診断してみないとわからないものでもあります。診断する際には耳鼻咽喉科や、睡眠外来等に行くことになります。診断では基本的に普段の睡眠状態や、病気にかかったことのあるか?等について質問されることから始まります。日常的に睡眠をするとすぐにいびきをかいてしまうのか、どのようないびきをかくのか、呼吸の停止状態について、時間の長さなどなど。また昼間仕事中の眠気や不眠状態の有...
私は45歳の会社員です。私は生まれ故郷のとある産業用ロボット製造会社で営業をしておりますが、最近とてつもない眠気に襲われるようになりました。毎日きちんと睡眠を取っているにも関わらず、昼になると異常な眠気に襲われるのです。これは明らかにおかしいと思い、病院に行って検査してもらったところ、「睡眠時無呼吸症候群」と診断されました。どうやら私は、この病気のせいで夜に何度も無呼吸状態に陥っているらしく、十分な睡眠が取れていないことが分かりました。このままでは仕事に大きな支障を来たすため、早速睡眠時無呼吸症候群の治療を開始しました。睡眠時無呼吸症候群の治療に使うのは、「CPAP」と呼ばれる治療器です。CP...
無呼吸症候群は太った人によく見られる病気で睡眠中に10秒以上の呼吸停止、無呼吸が5回以上見られる症状を言います。その間は当然に酸素が体内に入らないわけですから特に脳に負担がかかります。このため熟睡感がなく、昼間に眠たくなったり頭痛がしたりします。これは昼間の活動に多大な影響を与えます。最近でもこれが原因の事故などが発生したりして記憶にあることでしょう。さらには放置すると命にかかわることもあり決して軽視すべき病気ではありません。無呼吸症候群の治療法としては咽喉を広げるための器具を装着したりする方法もありますが、手術による方法もあります。数十年前までは、外科手術によるいびき対策がメインで行われてい...
自分が無呼吸症候群であると気が付いたのは一緒の部屋で寝ている妻からの指摘でした。若いうちから寝ている間のいびきがうるさすぎると文句を言われていましたが、最近はそのいびきが突然止んでいると言われたんです。無呼吸症候群の存在はテレビなどで知っていたので、すぐにピンときました。朝起きても頭がシャキッとさえないし、昼間もやたら眠気を感じるなどの自覚症状もありました。とりあえず私はかかりつけの耳鼻咽喉科に相談しました。歯科か耳鼻科かどちらに相談するか迷いましたが、やはり喉や気道が関係していると思い、耳鼻咽喉科に行きました。医師の指示で歯科医でマウスピースを作るように言われ、寝る際に対策として口の中に入れ...
いびきは自分自身では気づかないことで周囲から言われて始めて分かるものです。疲れていてかいているなら問題ありませんが、場合によっては命に関わるとても怖い病気の前兆でもあるのです。それは日本の潜在患者数300万人以上と言われる睡眠時無呼吸症候群です。メディアにも取り上げられ睡眠時に呼吸が10秒以上で一晩に30回以上止まる場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと思われます。日常のいびきはもしかして睡眠時無呼吸症候群だったりします。そのいびきの特徴は異常に音が大きいといつもと違うリズムです。特徴が見分けられない場合は病院で検査できます。でも長時間呼吸が止まって死に至ることはありませんが、日中に支障が起...