カロリー制限が基本?

肥満が原因になっているいびきをかく人の場合は、何よりも減量することが重要になります。特に閉塞型の無呼吸症候群といびきを確認している7割以上が標準的な体重を数十%以上回っている肥満症にあるというデータがあります。肥満の状態にある人のいびきでは、喉のどの部分に脂肪がついているかを見極めなくてはなりません。その後、低カロリー療法を行うのが一般的です。体が必要としている量よりも摂取カロリーを少なくするといった方法です。通常考えてみても、必要としているカロリーよりも多く摂取してしまうことによって肥満につながることは当然です。低カロリー療法では、いちにちの摂取カロリーを1,200キロカロリー以下に抑えるのが一般的です。

 

それでも全く追いつかないこと極度の肥満状態にある場合には、超低カロリー療法もも行われます。具体的には、糖質や脂質を健康維持に関わらないレベルでギリギリまで制限し、摂取カロリーを800キロカロリー以下に抑えます。この時高タンパク質の食事を摂取することが重要です。さらに短い期間で一気に減量を目指すため、かなり辛い療法になります。しかしながらこのような肥満いびきの治療法は医師の指導のもとでしっかりと行う必要があります。素人判断で行う事は命の危険にも関わります。肥満いびきに悩んでいる方にとっては、かなり短期間で一気に体重を落とせることができるので重宝される方法ではありますが、必ず専門家の判断が必要です。またこういった間療法を試しても、すぐにリバウンドしてしまったり、そのその途中で挫折してしまった人には、いびきや睡眠時無呼吸症候群が直接生命の危機に関わっているに限り、手術によって減量する方法もあります。

 

 

>>糖尿病が原因でのいびき

 

 

>>慢性いびきや無呼吸症候群の治療法とは?

 
>>いびき治し方ドットコム【2017年】睡眠いびきサプリランキング!

いびき対策グッズと  一緒に売れている 【いびき専用サプリメント】

  • できるだけ、いびきの薬は飲みたくない。。。
  • いびき対策グッズの効果をUPしたい。。。
  • 旅行の時だけでもいびきを抑えたい!
そんな方が選んでいらっしゃいます。
舌の落ち込みを保護する食品になります。
いろいろないびきの治し方グッズと合わせて食べることで
変化を実感している方が多いのがいびき専用サプリ(食品)です。

健康食品になりますので副作用はありません。

舌の筋力サポート〜リンゴ酸、コエンザイムQ10を主成分としたいびき防止&安眠サプリメントになります。


いびきは周りの人との関係も悪化させてしまいますし、
親としての威厳も弱くなってしまいますので個人的にも利用しております。

こちらに特設キャンペーンページを用意して頂きました
>>http://kenkouichiba.com/キャンペーン

関連ページ

横向きで抱き枕を使ったいびきの治し方
横向きで抱き枕使用でのびきの治し方について
いびきの治し方〜睡眠鼻呼吸法
いびきの治し方における睡眠鼻呼吸法について
いびきの治し方〜咀嚼筋を鍛える方法
いびきの治し方で咀嚼筋を鍛える方法について
いびきの治し方〜寝酒を止める
いびきの治し方の基本、寝酒を止める事について
いびきの治し方〜禁煙するといい?
いびきの治し方における禁煙の実態
いびきに良い食材
いびきに良い食材をご紹介しています。
あいうべ体操のやり方とは?
いびきの治し方〜あいうべ体操のやり方を説明しています。